すべてのカテゴリ
N8361F バイポーラ プログラマブル DC 電源

ホーム>製品>DC電源

N8361F バイポーラ電圧および双方向電流出力プログラマブル DC 電源
N8361F 背面パネル
N8361F バイポーラ プログラマブル DC 電源
N8361F バイポーラ プログラマブル DC 電源

N8361F バイポーラ プログラマブル DC 電源


N8361F シリーズは、バイポーラ電圧および双方向電流出力を備えたプログラマブル DC 電源で、第 8361 象限から第 50 象限まで動作できます。 N1F は、高速応答、高精度、高安定性、高柔軟性などの特性をサポートします。電圧の上昇および下降時間はXNUMXμs未満、電流精度は最大XNUMXμAで、アナログ回路、実験装置、電子部品のテスト、自動車の電子グランドドリフトテストなど、正および負の電圧電源を必要とするアプリケーションで使用できます。

共有先:
主な特徴

●電圧範囲:-20V~+20V

●電流範囲:-10A~+10A、電力範囲:0~200W

●電圧上昇・下降時間 ≤50μs

●SEQモードに対応

●高精度:電圧精度0.01%+2mV、電流精度最大1μA

●高精度DVM

●フロントとリアのコンセントをサポートし、デスクトップと統合が容易になります。

●デジタルI/Oを搭載し、トリガテストをサポートします。

●LAN/RS232/CANインターフェース

アプリケーション分野

●正負電圧の電子製品のテスト

●家電製品の急速充電テスト

●アナログ回路、リレーテスト

●ECUグランドドリフトテスト

機能と利点

バイポーラ電源、4象限動作

バイポーラ DC 電源のユニークな機能は、正と負の極性スイッチです。スイッチの位置を調整することで、回路テス​​トのニーズに合わせて正電圧出力または負電圧出力を選択できます。双方向電流フロー設計と組み合わせることで、N8361F は XNUMX 象限動作を実現できます。

バイポーラ電源、4象限動作

前後の配線設計

N8361Fは、フロントパネルにバナナジャック、リアパネルに出力端子を備えているため、デスクトップアプリケーションや統合が容易で、テスト効率が向上します。

DVMテスト機能

N8361F シリーズは、基本的な回路測定機能を提供します。外部電圧をテストするための 30 チャンネルの DVM が内蔵されています。電圧範囲は-30V~0.1V、分解能はXNUMXmVです。 LCD 画面には動的データが表示されるため、ユーザーは電圧の変化を観察するのに便利です。

製品寸法

N8361Fの寸法

データベース
お問い合わせ

ホットカテゴリ